児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

山口県青少年健全育成条例と性犯罪

 刑法とは競合するようです。観念的競合でしょうか。
 児童買春罪との関係では、「対償」の場合は児童買春罪、役務提供の場合は青少年条例と説明されていますが、「役務」も金銭に見積もれる場合は「対償」ですから、条例12条1項1号はほとんど死文化しています。

山口県青少年健全育成条例の解説
[要旨]
本条第1項は、青少年に対し、対償、不正手段等を伴う性行為又はわいせつの行為が行われる実態が増大しているので、これらを防止するため、青少年に対し、次のような形態により性行為又はわいせつの行為をすることを禁止する旨を規定したものである。
金品等の対償を与える等の形態
欺き、又は困惑させる等の形態
あっせんを受けた形態
また、本条第2項は青少年に対し、みだらな性行為又はわいせつの行為を故意に教えたり、見せたりすることを禁止する旨を規定したものである。
[解説]
本条の違反に罰則を設けた理由
昭和59年改正の際に、本条違反の行為に対する罰則を設けた。
それ以前から、青少年に対するみだらな性行為又はわいせつの行為については、これを禁止する旨規定していたが、罰則を設けず、倫理的道徳的責務の再認識を望むにとどめていた。
しかしながら、県内においても少女売春の客となることや家出中の少女の困惑等に乗じて性行為やわいせつの行為を行うなど青少年の性をもてあそぶ事例が次第に増加してきた。
青少年は心身の未成熟又は精神と肉体の発育程度の不均衡等から、こうした体験による衝撃や影響を受け易く、心身の健全な成長を阻害されるおそれがあり、これらの行為から青少年を保護するためには、罰則を設けることも止むを得ないとの結論に達したものである。
ただし、「性行為は人間の根源的な欲求に根ざすものであり、人間の行為の中でその行為をなすか否か、対象の選択等について行為の当事者双方の個人的判断が尊重されることの最も必要な行為の一つであるから、性行為の意味や結果について通常の判断力を有する双方当事者の真に自由な意思に基づく行為であるかぎり、これに刑罰を科して抑止しようとするためには、抑止の必要性について合理的根拠がなければならないのであって、このことは一方の当事者が青少年で、あっても同様である。J (昭和48年2月9日釧路家帯広支決定)との見解もあり、運用に当たって、個人の自由と権利を不当に侵害することのないよう、禁止される行為の内容の明確化に努めたものである。

金品等供与(第1号関係)
本条第1項第1号は、青少年に対し、金品その他の財産上の利益を供与すること、若しくは役務を提供すること、又はこれらの供与若しくは提供を約束することと、当該青少年に対して行われる性行為又はわいせつの行為との間に対価関係が存する場合である。
なお、この場合における供与若しくは提供の相手方は、必ずしも、性行為の相手となる青少年に限らず、その青少年との親族関係その他の密接な関係により、その青少年に対してする場合と同ーの効果のある者でもよい。したがって、例えば青少年が行う売春の相手
方となる場合で、その売春の対価としての金銭を当該青少年に直接支払わず、当該青少年の雇用主に支払うような場合も含まれるものである。
(l) 「金品その他の財産上の利益」とは、金銭のほか、動産、不動産、債権、債務免除、代位弁済等金銭に見積ることのできる利益であれば何でもよいが、「みだらな性行為又はわいせつの行為」をする意思を生じさせるような影響力をもっ利益でなければならな
いものである
(2) 「供与」とは、財産上の利益を相手方に移転する一切の行為をいうものである。
(3) 「役務を提供し」とは、一定の労力やサービスを提供することをいうものである。
(4) 「性行為」とは、性交そのものをいうものである。なお、性交類似行為は「わいせつの行為」としてとらえるものである。
(5) 「わいせつの行為」とは、「いたずらに性欲を刺激興奮せしめたり、その露骨な表現によって健全な常識のある一般社会人に対し、性的に差恥嫌悪の情をおこさせる行為」(昭和39年4月22日東京高裁判決)をいうものである。
欺罔・困惑(第2号関係)
本条第l項第2号は、青少年の精神的、知的な未熟さや情緒的な不安定に乗じて性行為又はわいせつの行為をする場合であり、例えば、家出中の少女が金銭も宿泊する所もなく途方に暮れているのに付け込んで、性行為又はわいせつの行為をする場合が含まれる。
(l) 「欺き」とは、青少年をだまして真実と合致しない観念を生ぜしめる場合をいうものである。
(2) 「困惑させ」とは、暴行脅迫に至らない程度の心理的威圧を加え、又は自由意思を拘束することによって精神的に自由な判断ができないようにすることをいうものである。
(3) 「困惑に乗じて」とは、直接困惑させなくても、既に上記の困惑に陥っている状態に付け込むことをいうものである。
・・・・
他法令との関係
(1)刑法
刑法の規定(第176条から第178条まで)
本条第1項の規定は、13歳以上の青少年については、刑法では処罰されない同意による性行為又はわいせつの行為をも対象としている。13歳未満の青少年については、対象は同一である。
これに関しては、刑法の規定は、「風俗犯としての面をもっとともに18歳未満の少年に対するこれら行為を処罰することによって間接的には右少年の保護が計られることも否定しがたいところであるけれども、むしろ、直接的には主として個人の一種の人格的自由としての性的自由を保護法益とする]のに対し、条例の規定は、「少年は心身が未成熟であるため反倫理的な行動経験による衝撃や影響を受けることが多く、またこれからたやすく回復しがたいなどの点で成人に比してきわめて特徴的であるので、そのような少年の情操を害するおそれのある行為から少年を保護し、少年の健全な育成を図ることを目的とする」ものであるから、「両者はその趣旨ないし目的を異にする」のであり、抵触しないとの裁判例(昭和48年12月20日大阪高判)がある。