児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者わいせつ・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

事務所での面談相談・電話・メール・skype・zoom等で対応しています。

通常態勢 平日は通常態勢 事務所は平日09:30〜17:30です。 それ以外は弁護士が下記の電話で対応します。 必要があれば、事務所で対応します。弁護士への連絡は、 通常 TEL 050-5861-8888(弁護士直通) FAX 06-6363-2161(外出先でも読んでいます) メール h…

女性に痴漢行為を行う内容の動画の拡散は、リベンジポルノ公表罪にあたる恐れがある。

着衣の上からでも、性器等(性器、肛こう門又は乳首をいう)を触ると、2号リベンジポルノになるので、公表罪になる恐れがあります。 俗に「リベンジポルノ罪」と言われますが、リベンジ性は要件になっていないので、盗撮画像の公表にも適用されており、注意…

犯人が姿態をとらせた場合はひそかに製造罪は適用されないという大阪高裁R5.1.24を前提にすると、罪名を誤っていると思われる事例(東京地裁R4.8.30等)

https://okumuraosaka.hatenadiary.jp/entry/2023/01/28/224155 たくさんあって、東京高裁も間違っていると思われます。 東京地裁R4.8.30の「ひそかに」とされているのは、被告人が児童に姿態を取らせているのが、公訴事実上明らかなので、ひそかに製造罪で…

オンラインストレージ・サーバーへの保管罪(某地裁)

弁護士ドットコムなどでは「検挙事例がないから大丈夫」という回答が多いですが検挙事例はあります。しかし、保管している場合には、普通は手元の端末の所持罪も立つので、あまり見かけない。 自己の性的好奇心を満たす目的で 令和5年2月3日~4日 日本国内に…

d1-lawの奥村弁護士

「奥村徹」での検索結果。この辺の判例を作っています。 判例ID 判示事項 裁判年月日等 事件名 28291220 令和3年2月16日/大阪地方裁判所/第12刑事部/判決/平成29年(わ)4358号/平成29年(わ)4510号/平成29年(わ)4942号/…

就寝中の児童を脱がして撮影した行為につき、ひそかに製造罪(7条5項)とした原判決を法令適用の誤り・訴訟手続の法令違反で破棄して、姿態をとらせて製造罪(4項)に修正して減軽した事例(大阪高裁r05.1.24)

就寝中の児童を脱がして撮影した行為につきひそかに製造罪(7条5項)とした原判決を法令適用の誤り・訴訟手続の法令違反で破棄して、減軽した事例(大阪高裁r05.1.24) 「同法7条5項の規定する児童ポルノのひそかに製造行為とは、隠しカメラの設置など描…

露天温泉盗撮事案(静岡地裁R4.10.20)

露天温泉盗撮事案(静岡地裁R4.10.20) 被害児童との関係で、被告人も匿名報道になっていました。 静岡地方裁判所 令和04年10月20日 上記の者に対する、児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反、公衆に著…

大竹依里子検事の「遠隔であってもオンラインで生中継させるなど脅迫行為と同時に撮影させる場合のみが強制わいせつ罪となる」という見解(研修876号)は通らなかった。(札幌高裁r5.1.19)

「接触を伴わない強制わいせつ罪の成否を、接触を伴う強制わいせつ罪の成否と同様に考える必然性はないし、犯人が規範的にみて被害者の面前にいるとはいえない状況であっても、本件のように、被害者に要求して、その身体を性的な対象として利用できる状態に…

13歳未満の児童をして撮影送信した事例について「本件は「被害者を利用した間接正犯」になっていなければ強制わいせつ罪の正犯とはなり得ないところ、公訴事実においても罪となるべき事実においても、被害者Aは道具化していないから、間接正犯になっていないから、強制わいせつ罪は成立せず、準強制わいせつ罪になる」という立石検事の主張が排斥された事例(札幌高裁r5.1.19)

強要罪で起訴された事例で立石検事は道具性がないとか反論していたので、強制わいせつ罪(176条後段)でそのまま主張したら、×でした。 札幌高裁r5.1.19 3については、接触を伴わない強制わいせつ罪の成否を、接触を伴う強制わいせつ罪の成否と同様に考える…

Aに陰部等を露出した姿態をとらせてこれを撮影させるという強制わいせつ罪に当たる行為は、Aに陰部等を露出した姿態をとらせてこれを撮影させた上、その動画データを被告人のスマートフォンに送信させて、サーバコンピュータ内に記録・保存させるという児童ポルノ製造罪に当たる行為に包摂されていること~~両行為は通常伴う関係にあり、自然的観察の下で社会的見解上1個のものであると評価することができるから、両罪を観念的競合とした原判決に誤りがあるとはいえない(札幌高裁r05.1.19)

被害者を脅迫してその乳房,性器等を撮影させ,その画像データを送信させ,被告人使用の携帯電話機でこれを受信・記録して児童ポルノを製造した場合においては,強要罪に触れる行為と3項製造罪に触れる行為に一部重なる点があるものの,両行為が通常伴う関…

13歳未満に陰部等を露出した 姿態をとらせてこれを撮影させるという強制わいせつ罪に当たる行為は~~、 両行為は通常伴う関係にあり、自然的観察の下で社会的見解上1個のものであ ると評価することができるから、両罪を観念的競合とした原判決に誤りがある とはいえない(札幌高裁r05.1.19)

被害者を脅迫してその乳房,性器等を撮影させ,その画像データを送信させ, 被告人使用の携帯電話機でこれを受信・記録して児童ポルノを製造した場合に おいては,強要罪に触れる行為と3項製造罪に触れる行為に一部重なる点があ るものの,両行為が通常伴う…

公訴事実が「被告人と性交等をする姿態」という1号2号3号ポルノの記載で、起訴状をそのまま引用した原判決が、理由不備で破棄されて「それぞれ,被告人と性交をする姿態,被告人の陰茎を触って口腔性交をする姿態及び衣服の全部又は一部を着けずに被告人と性交等をする被害者の姿態であって殊更に被害者の胸部等が露出されている姿態」と認定される場合、訴因変更が必要じゃないですかね。

公訴事実が「被告人と性交等をする姿態」という1号2号3号ポルノの記載で、起訴状をそのまま引用した原判決が、理由不備で破棄されて「それぞれ,被告人と性交をする姿態,被告人の陰茎を触って口腔性交をする姿態及び衣服の全部又は一部を着けずに被告人…

わいせつ電磁的記録等送信頒布被告事件(立川支部R4.3.22 東京高裁r4.10.6)

わいせつ電磁的記録等送信頒布被告事件(立川支部R4.3.22 東京高裁r4.10.6) アメリカから頒布するのに、日本刑法を適用するのはどうなんだ。関与したアメリカ人が日本に来たら逮捕されるというのは行き過ぎではないかという論点もあったと思います。 判例秘…

ひそかに製造罪の罪となるべき事実の「本件浴場で入浴中の別紙記載〈1〉の中学校生徒数名(当時13歳又は14歳)が、」という記載(静岡地裁r4.10.6)

児童ポルノ罪の認定というのは、 各被写体について 児童性 実在性 3号の要件(露出部位など) が検討されるので、「数名」という認定はありえません。3人分児童ポルノ要件が揃えば「3人」、4人分揃えば「4人」と認定すべきです。 D1LAWから 静岡地方裁…

単純所持罪施行前からの所持(購入)行為への捜査について

地方議員が施行前購入について捜査を受けたと報道されています。 https://mainichi.jp/articles/20230106/k00/00m/040/202000c 氏によると、DVDは市議に初当選する前年、09年にインターネットで購入した。氏は「20枚組みで児童ポルノが含まれているとは思わ…

2019年の児童ポルノDVD所持で、議員辞職

2019年の児童ポルノDVD所持で、議員辞職 児童ポルノDVDについては、アリスクラブ事件で対応は確立しています。弁護士に相談して破棄して警察相談です。 その後別件で捜査を受けた人もいますが、所持の件には触れられません。 https://nordot.app/98383803471…

「過失がないとき」とは、具合的事実ごとに提出された客観的資料の種類、その提出の際の状況及びその確認方法の有無、難易度を総合的に検討して、相会通念に照し、通常可能な調査が適切に尽くされているか否かによって決められることになる(大阪高裁46. 11) ~愛知県青少年保護育成条例の解説

「過失がないとき」とは、具合的事実ごとに提出された客観的資料の種類、その提出の際の状況及びその確認方法の有無、難易度を総合的に検討して、相会通念に照し、通常可能な調査が適切に尽くされているか否かによって決められることになる(大阪高裁46. 11)…

口腔性交罪と製造罪は観念的競合(判示第16の4)、強制わいせつ罪と製造罪は観念的競合(判示第18)としながら、口腔性交罪と製造罪は併合罪(判示第5の1と2等)、強制わいせつ罪と製造罪は併合罪(判示第8等)とした事例(東京地裁R4.8.30)

口腔性交罪と製造罪は観念的競合(判示第16の4)、強制わいせつ罪と製造罪は観念的競合(判示第18)としながら、口腔性交罪と製造罪は併合罪(判示第5の1と2等)、強制わいせつ罪と製造罪は併合罪(判示第8等)とした事例(東京地裁R4.8.30) だいたい、性犯…

11/14に同一女性に性的な動画を要求した行為を11/15に強要未遂で逮捕して、11/13に脅迫して画像を送信させた行為を12/19に逮捕した事例(起訴猶予)

11/14に同一女性に性的な動画を要求した行為を11/15に強要未遂で逮捕して、11/13に脅迫して画像を送信させた行為を12/19に逮捕した事例(起訴猶予) 11/13~14に、女性に脅迫して撮影・送信させたという一個の行為について、2回逮捕した違法があります。 脅…

撮影に係る画像データを被告人使用の携帯電話機に送信させる行為はわいせつな行為に当たらないという高裁判例(東京高裁h28.2.19・ 広島高裁岡山支部H22.12.15)を変えないと、撮影させる行為を強制わいせつ罪にできない

撮影に係る画像データを被告人使用の携帯電話機に送信させるという,それ自体はわいせつな行為に当たらないという高裁判例(東京高裁h28.2.19・ 広島高裁岡山支部H22.12.15)を変えないと、撮影させる行為を強制わいせつ罪にできない 奥村は強制わいせつ罪説…

「小児性愛が疾病として診断基準等が確立されているとはいえない」という国会決議

「小児性愛が疾病として診断基準等が確立されているとはいえない」という国会決議 再免許に診断書を付けるんですが、診断基準はないそうです。 教育職員等による児童生徒性暴力等の防止等に関する法律 (令和三年六月四日法律第五七号)(衆) https://www.s…

美人局事案で、児童と知らない買春行為者を懲戒免職とした事例(至急弁護士に相談してください)

美人局事案で、児童と知らない買春行為者を懲戒免職とした事例 青少年条例は適用されませんから、年齢確認義務もなく、過失もないことになります。せいぜい、売春防止法の買春者程度の責任です。至急弁護士に相談してください。類似事案 https://okumuraosak…

「言うことを聞かなかったらさらすと脅迫。わいせつな画像を複数枚撮影させ、自身のスマートフォンに送信させた疑い。」という「リモート強制わいせつ」

「言うことを聞かなかったらさらすと脅迫。わいせつな画像を複数枚撮影させ、自身のスマートフォンに送信させた疑い。」という「リモート強制わいせつ」高裁判例によれば「わいせつ」と評価されるのは、「撮影させ」までであって、「送信させ」までいくと、…

性行為・わいせつ行為を盗撮した行為を、誤ってひそかに製造罪(7条5項)とした事例

最後の奈良地裁・東京地裁は控訴中なので、ここで食い止めたい。 並行性犯罪 神戸 地裁 尼崎 H28.9.7 同児童を上半身裸にして乳房を露出させ ひそかに 東京 地裁 H28.10.19 準強制わいせつ罪 新潟 地裁 H28.11.4 青少年淫行罪 奈良 地裁 葛城 H29.3.16 児童…

「再逮捕 未成年女性のわいせつ画像データを所持 児童ポルノ禁止法違反の疑い」という報道

「再逮捕 未成年女性のわいせつ画像データを所持 児童ポルノ禁止法違反の疑い」という報道 単純所持罪(7条1項)単体では逮捕されることはありません。 珍しい、単純所持罪(7条1項)の逮捕事例ですが、強制わいせつ罪が先行していますし、その捜査で押収さ…

青少年条例における「わいせつ」の定義

長崎県条例を見ていると、h31の解説書から、わいせつの説明が変わっていました。 大阪高裁h23.6.28は公開されていないので、時々警察から問い合わせがありますが、神戸地検で閲覧可能です。 青少年わいせつ罪に、真剣交際が除外されるという判示を狙った控訴…

強制口腔性交罪とひそかに製造罪を観念的競合としながら、強制わいせつ罪と製造罪は併合罪とした裁判例(東京地裁R4.8.30)

強制口腔性交罪とひそかに製造罪を観念的競合としながら、強制わいせつ罪と製造罪は併合罪とした裁判例(東京地裁R4.8.30) 理由齟齬ですね。 あちこちで逮捕起訴されて、最後に東京で判決したので、罪数処理がマチマチになっています。 東京地方裁判所(第…

「就寝中児童Dに対し、被告人がDの陰茎を手で触るなどの姿態及び被告人がDの陰茎を口腔内に入れるなどの姿態をとらせ、これをデジタル機器で動画撮影した動画データ4点並びにひそかに被告人がDの陰茎を手で触るなどの姿態及び被告人がDの陰茎を口腔内に入れるなどの姿態を動画撮影し」という罪となるべき事実について、7条4項の製造罪と5項の製造罪を成立するとした事例(東京地裁r4.8.30)

「就寝中児童Dに対し、被告人がDの陰茎を手で触るなどの姿態及び被告人がDの陰茎を口腔内に入れるなどの姿態をとらせ、これをデジタル機器で動画撮影した動画データ4点並びにひそかに被告人がDの陰茎を手で触るなどの姿態及び被告人がDの陰茎を口腔内…

「自慰行為をさせた上、その様子を同人が使用する撮影機能付き携帯電話機で撮影させ、さらに、その画像等のデータを被告人が使用する携帯電話機に送信させ、もって、強いてわいせつな行為をした」という送信型強制わいせつ罪(東京地裁R4.8.19)

「自慰行為をさせた上、その様子を同人が使用する撮影機能付き携帯電話機で撮影させ、さらに、その画像等のデータを被告人が使用する携帯電話機に送信させ、もって、強いてわいせつな行為をした」という送信型強制わいせつ罪(東京地裁R4.8.19) 東京高裁h28…

撮影送信させる強制わいせつ罪裁判例25件

最近は大都市圏でもわいせつ行為とされていますね。 東京高裁h28.2.19 や広島高裁岡山支部H22.12.15等、強制わいせつ罪にならないという高裁判例もあるので、抵抗してみてください。 わいせつの範囲は撮影まで(被告人に到達した事実は含まない)としつつ、…