児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

ツイッター等で誘導されて陰部画像を送ったら、「警察に通報されたくなかったら、paypayかアマゾンギフトカードで5万送れ」と言われた。という相談

 きょう、4回電話がありました。

 見知らぬ人に陰部写真を送るのはわいせつ電磁的記録頒布罪です。
 相手方の金銭要求は恐喝罪です。お金は払わないことです。
 1回払っても止みません。しつこいときは、わいせつ電磁的記録頒布について、弁護士に相談して、自首とか警察相談を検討してください。

 恐喝やってる相手方が警察に通報することは考えられませんが、恐喝の捜査で、陰部画像を送った人が検挙されることはありえます。