児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「撮影しながら性交し、もって児童淫行した」行為を児童淫行罪の犯罪事実として記載した事例(大津家裁)

 こう書いてしまうと、まるで、児童淫行罪と製造罪とが観念的競合であるかのような記載ですね。
 東京高裁・札幌高裁の影響でしょうね。
 大阪高裁は反対。