児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

今後の予定

 児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・撮影型の強制わいせつ罪を中心にして、月2〜3回くらい閲覧に出てますので、約2年掛かりで全国一周しています。
 保管検察官のご協力で、事件特定できたものは全部閲覧させていただいています。
 東京・横浜・名古屋は事件が多いので、出張のついでに新幹線の途中下車したりして、こまめに見てます。
 ただいまの問題意識は、量刑相場なんかじゃなくて、法令適用です。