児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

国選コース

 国選弁護人と折りが会わないという人から
   国選レベルの内容で、国選レベルの費用でやってくれ
ということで1件見積もり依頼がありました。
 具体的にいうと、
   接見しない
   記録謄写しない
   1回結審
   被害弁償しない
   着手金報酬金併せて6万円
ということでしょうか?
 当番弁護士の楽観的予想(起訴猶予〜略式罰金)に反して公判請求されたところから弁護士に不信感。

起訴状+聞いている事案の概要からすると、量刑相場からして実刑もありうるのに、最初の楽観は困る。