児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

否認すれば逮捕されないのか?

2/8 淫行
8/7 逮捕
8/15 略式命令
 普通の弁護士に「逮捕されますか?」なんて聞くとこの罪名での逮捕事例の弁護経験がないので「いきなり逮捕されることは稀です」「警察が来てから知らなかったと説明すれば逮捕されない」「まず逮捕されない」と回答すると思いますが、統計上は青少年条例違反罪の3割程度が逮捕されていて、否認しても逮捕されて、有罪になっています。「統計上は青少年条例違反罪の3割程度が逮捕されていて、否認しても逮捕されて、有罪になっています」という回答しかありえない。
 サイバー補導して先に被害児童から「会ってから児童・青少年であることを告げた」という供述を取られてしまうと崩しにくいんですが、おそらく行為前も行為後も出会い系アプリ上では「18歳以上」と表示されているのに、会ったとたんに「16歳です」と告げるかなあ。普通はびっくりしておっさんが逃げちゃうだろ。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140807/waf14080718050023-n1.htm
えっ、覚えてない? 16歳少女にみだら行為 非常勤講師逮捕
2014.8.7 18:05 [教師の不祥事]
 愛知県警中村署は7日、県青少年保護育成条例違反の疑いで非常勤講師、容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は今年2月8日、出会い系アプリを通じて知り合った名古屋市内の無職少女が16歳と知りながら、同県豊田市内のホテルでみだらな行為をした疑い。
 同署によると「覚えていない」と容疑を否認している。少女は事件当時家出中で、容疑者に会った際に年齢を伝えたと話している。

少女にわいせつ行為 容疑の中学講師逮捕=愛知
2014.08.08 読売新聞
 発表によると、2月8日午前3時頃、豊田市内のホテルで名古屋市緑区の少女(16)にわいせつな行為をした疑い。県警が、出会い系アプリの書き込みから少女を見つけ出し、事情を聞いたところ発覚。少女は当時、家出中だったという。容疑者は調べに対し「覚えていない」と供述しているという。

わいせつ中学校講師 罰金30万円略式命令=愛知
2014.08.16 読売新聞
 16歳の少女にわいせつな行為をしたとして、名古屋区検は15日、名古屋市立中学校講師の容疑者を県青少年保護育成条例違反で名古屋簡裁に略式起訴した。同簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。
 容疑者は2月8日、豊田市内のホテルで少女にわいせつな行為をしたとされる。
読売新聞社