児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2014-10-16から1日間の記事一覧

逮捕翌日に略式起訴された事例

3/31 わいせつ行為 10/13 逮捕 10/14 略式命令・納付 で勾留ついてない。 なんのための逮捕なのか。 少女にみだらな行為 容疑の巡査を逮捕=新潟 2014.10.15 読売新聞 新潟中央署と県警少年課は13日、容疑者(23)を県青少年健全育成条例違反(みだらな…

2014年10月16日のツイート

@okumuraosaka: 児童ポルノ製造罪で生成された媒体は19条1項3号2項本文を適用すべきである(東京高裁h23.10.18) URL2014-10-16 23:33:23 via Hatena @okumuraosaka: 見知らぬ男女の全裸サバイバル! 過酷な環境下で21日間生き延びられるのか? | マイナ…