児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-02-04から1日間の記事一覧

大阪府青少年健全育成条例違反(わいせつ)で逮捕して、夜間連れ出しで罰金10万円となった事例

大阪府条例は、淫行の手段を限定していますので、成立しにくいです。大阪府青少年健全育成条例 (みだらな性行為及びわいせつな行為の禁止) 第三十四条 何人も、次に掲げる行為を行ってはならない。 一 青少年に金品その他の財産上の利益、役務若しくは職務を…

2016年02月04日のツイート

@okumuraosaka: [【弁護士が明かす】裁判官が「お金を払え!」と判決を出しても、お金が払われないことが多い現実] All About News Dig #aa_nd URL2016-02-04 23:02:58 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 【予告編】嘘まみれの法廷に挑む…キアヌ・リ…