児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

なりすましによる名誉毀損罪(八戸支部)

 自らそういうことをする人もいるわけだから、被害者名義でわいせつhpを開設するとか、被害者の裸体を掲載したというのでは、事実の摘示が弱いと思います。
 社会的評価を損なうような「真実、被害者はそういうことをしない人であるにもかかわらず」という趣旨の事実認定が必要だと考えています。