児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者わいせつ・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

警察庁に検討チーム発足 性犯罪の住所把握制度で

 児童買春の再犯の人はいますが、その後別の性犯罪をやったかはどうでしょう?
 被告人にはそういう傾向の強い人はいますけど、その後、どうなったのか?
 一々犯歴照会して追跡調査をすることになります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050113-00000057-kyodo-soci
関連する犯罪として、児童買春・児童ポルノ禁止法違反や痴漢、窃盗のうちの下着泥棒などの前歴者が性犯罪を犯す率も調べる。