児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

AVマーケットの管理者3名はわいせつ頒布罪で執行猶予(名古屋地裁R02.11.10、R02.10.22)

AVマーケットの管理者3名はわいせつ頒布罪で執行猶予(名古屋地裁R02.11.10、R02.10.22)

 知らなかったということで児童ポルノ罪は逃れて、わいせつ電磁的記録だけで起訴されて、数件あっても包括一罪なので、「懲役2年罰金250万円」を上限として量刑されたようです。

第一七五条(わいせつ物頒布等)
 わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。
2有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

わいせつサイト、2人有罪 画像販売・システム開発 名古屋地裁 【名古屋】
2020.11.11 朝日新聞
 児童ポルノを含むアダルト動画販売サイトの運営者らが摘発された事件で、わいせつ電磁的記録等送信頒布罪に問われた会社役員ら2人の判決が10日、名古屋地裁であった。辛島明裁判官は「サイトを立ち上げ、重要な地位にあった」と述べ、A被告に懲役2年執行猶予5年、罰金200万円(求刑懲役2年、罰金200万円)を言い渡した。

 判決によると、A被告は昨年6月、海外を拠点とするサイト「AV Market(エーブイマーケット)」でわいせつな画像データを販売した。

 サイトのシステム開発を担当したB被告は、懲役1年6カ月執行猶予3年、罰金150万円(求刑懲役1年6カ月、罰金150万円)とした。
・・・
サイト運営者、猶予付き判決 わいせつ画像販売 名古屋地裁 【名古屋】
2020.10.23 朝日新聞
 海外を拠点としたアダルト動画販売サイト「AV Market(エーブイマーケット)」の運営者らが摘発された事件で、わいせつ電磁的記録等送信頒布罪に問われたアルバイトC被告の判決公判が22日、名古屋地裁であった。板津正道裁判官は懲役1年執行猶予3年、罰金100万円(求刑懲役1年、罰金100万円)を言い渡した。
 同サイトをめぐっては、愛知県警が出品者や広告会社役員を検挙し、購入者も捜査している。一連の事件で判決が出るのは初めて。
 判決によると、本間被告は昨年6月21日、他の運営者らと共謀し、女性のわいせつな画像データを同サイト上で販売した。板津裁判官は「海外に拠点を置くなど巧妙かつ組織的な犯行」と指摘。一方で「起訴された共犯者の中で最も地位は低く、分け前も少ない」として執行猶予とした。C被告ら男3人は6月、同サイトを運営したとして児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの疑いで逮捕された。3人は同罪で不起訴となり、わいせつ電磁的記録等送信頒布罪で起訴された。他の運営者2人の判決は11月10日の予定。(高絢実)