児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

被害者の相談は法テラス犯罪被害者支援業務へ

 慰謝料の相場とか、示談すべきかどうか、示談の時期などの相談がありますが、奥村に相談されると、相談料を頂くことになるので、法テラスにいる「犯罪被害者等の支援に精通している弁護士」にご相談された方がいいと思います。

http://www.houterasu.or.jp/center_riyou/hanzai_higaisha.html
犯罪被害者支援業務とは?
 法テラスでは、犯罪の被害にあわれた方や、ご家族の方等に対し、刑事手続への適切な関与や、お受けになった損害・苦痛の回復・軽減を図るための制度に関する情報を提供します。
 また、民間支援団体を含む関係機関・団体との連携のもと、犯罪被害者支援を行っている団体等の活動内容についても紹介します。さらに、必要に応じて、法テラス地方事務所を通じて、犯罪被害者等の支援に精通している弁護士を紹介します。

犯罪の種別等は問いません
交通事故、性犯罪、DV、ストーカー、児童虐待、高齢者・障害者の被害、消費者を対象とした詐欺など、様々な犯罪被害に関するお問い合わせに対して、情報を提供します。
加害者が誰であるか、故意犯か過失犯か、事件が裁判になっているかどうか、いつ受けた被害かなどに関わらず、お問い合わせいただけます。