児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童ポルノ罪の量刑に罪数は関係ない(仮説)

 奥村の仮説です。
 一罪か併合罪かなんてどうでもよくて、単に併合罪加重しない量刑相場の範囲内で、犯情を考慮して、量刑しています。
 「再・法・併・酌」とか「量刑法」なんてありません。職人の物差しで決まっています。これが、重すぎる・軽すぎることはないんです。プロだから。
 悪く言えば「どんぶり勘定」ですけど。