児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

知的財産権と憲法上の権利(法学教室304号P170演習)

 先行する特許権と学問の自由の衝突を取り上げています。
 特許権憲法上の位置づけがわかりません。
人権カタログ上では取るに足らない権利だというのなら、学問の自由を優先する解釈で決まりです。