児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童ポルノ販売者検挙への購入者の対応

 購入者リストを基にして、購入者に順次捜索かけて、児童ポルノが出れば、単純所持罪で検挙するというパターンがあります。
 単純所持罪単独での逮捕はありません。
 捜索前に破棄していれば罰金にはなりません。
 そういう対応をしない警察もあって、購入者からの相談が多数来ます。電話で問い合わせただけでは教えてくれないようです。
 そういう時は、弁護士に相談して、ある程度の事実関係をまとめて警察に送って相談してください。警察の対応がわかります。