児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

不用意に警察に相談すると自首にならず逮捕されます

 大阪の事件なんて、弁護人は自首の主張すらしていません。

釧路の中学教諭 淫行容疑で逮捕
2012.06.14 北海道新聞
 【釧路】釧路署は13日、道青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は5月12日夜、釧路市内に駐車していた自家用車内で、18歳未満と知りながら、インターネットの掲示板サイトで知り合った同市内の女子高生(16)の体を触るなどした疑い。
 5月中旬、容疑者が「女子高生の身内と名乗る男から『未成年と付き合ってるだろう』と何度も不審な電話がかかってくる」と釧路署に相談に訪れたため、事件が発覚した。

児童買春容疑で小学教諭を逮捕 池田署=大阪
2010.10.15 
 池田署は14日、18歳未満の少女を買春したとして、容疑者(を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。容疑者が同日、少女の知人とトラブルになり、同署に相談したことがきっかけで事件が発覚したという。