児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

未検挙の半数、ネットカフェ発=不正アクセス、匿名性隠れみの−警察庁

 公衆電話使うのにID確認するようになる感じですが。犯罪捜査と言われれば反対しづらいところですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000039-jij-soci
2005年に警察が認知した不正アクセス行為592件のうち、昨年5月末時点で未検挙(277件)の半数に当たる139件がインターネットカフェなどのコンピューターから実行されていたことが29日、警察庁のまとめで分かった。いずれも店舗での本人確認などをしておらず、容疑者特定に至らなかった。
 ネットカフェの匿名性が捜査の壁になっているとして・・・