児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

単純所持罪ができるまでの児童ポルノの廃棄方法を教えてください

 6月に入って同種の相談が、20件を越えました。
 法律ができても今は、具体的にはわかりません。

追記
 一応警察と相談して、今のところの処分方法。
 でも、捜索が入る危険は除去できません。警察で引き取ってくれないかなあ。自首減軽の条例をもつ奈良県警とか。
http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20100703/1278074705