児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

<自殺予告>差出人可能性の21都道府県の学校 朝から対応

 えらいことになりましたが、差出局のバーコードとか印刷されてないんでしょうか?
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLG,GGLG:2005-48,GGLG:ja&q=%e9%83%b5%e4%be%bf%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%80%e7%b4%ab%e5%a4%96%e7%b7%9a

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061107-00000032-mai-soci
差出人がいる可能性がある21都道府県39市区町村では7日早朝から教育委員会や各小中校が対応に追われた。都道府県教委などに同省から手紙の文面がファクスされ、担任教師らが筆跡に見覚えがないか点検する学校も多かった。