児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

宇都宮地裁管内↑→

 写真は足利学校
 条例淫行罪と児童ポルノ製造は観念的競合

追記
 宇都宮地検の保管検察官は、

  • 閲覧は許可する
  • メモは摘録も含めて不許可

という対応でした。
 検察庁備え付けの

注釈 刑事確定訴訟記録法 押切謙徳 外著p127
摘録は、閲覧に含まれる。したがって、保管記録を閲覧する者は、摘録について改めて保管検察官の許可を受ける必要はない。
摘録とはメモを作成する程度のもの

を示しているのに、摘録も不許可だという。珍しい対応です。

 奥村弁護士が求めるているのは、

  • 宣告刑
  • 罪数がわかる程度の事実認定
  • 法令適用
  • 量刑理由の項目

ですから、まさに摘録程度の簡単なメモで足ります。
 摘録内容を監視している検察事務官と相談しつつ許される範囲でやっています。

注釈 刑事確定訴訟記録法 押切謙徳 外著p127 
6 閲覧の方法
閲 覧
保管記録の「閲覧」とは、その記録の内容を了知することをその主たる内容とする概念である。摘録は、閲覧に含まれる。したがって、保管記録を閲覧する者は、摘録について改めて保管検察官の許可を受ける必要はない。
謄写は閲覧とは別の概念である (刑事訴訟法第四〇条、第一八〇粂第一項等)。保管記録を閲覧する者が、その一部又は全部を謄写しょうとするときは、改めて保管検察官の許可を受けなければならない (注一〇)。保管記録の一部又は全部を筆記により、又は器械を用いて転写する場合のほか、写真撮影も謄写に含まれる。音読することによる録音も謄写と同様の取扱いとすべきであろう。摘録と謄写との区別は、限界が必ずしも明らかでない場合もあるが、摘録とはメモを作成する程度のものをいい、それを超えて保管記銀の内容を書き移すことは、謄写に当たる。

だいたい調書判決のどこを写すというのでしょうか?