児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童ポルノ・児童買春に罪名絞って地引き網的に閲覧してみた感想〜大阪地検

 すったもんだの末でやっと閲覧できました。
 大阪地検は、まあその、児童ポルノ・児童買春の本場じゃないかと思って、22件閲覧したんですが、実刑になった人も調書判決であっさり確定しているし、児童ポルノは一律に包括一罪だし、有益な判示事項があるものはすでに閲覧してるしで、それほど画期的な収穫はありませんでした。
 大阪地検の保管検察官には、お手数掛けました。またよろしくです。