児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2011-02-17から1日間の記事一覧

強盗強姦等8件に3項製造罪をくっつけたような事件(高松地裁)

最後に軽い3項製造罪を追起訴して追起訴完了らしいです。量刑的には影響ありませんが、児童ポルノ事件の科刑一覧の上限が拡大します。 強制わいせつ罪と3項製造罪について高松高裁H22は観念的競合だというのですが、高松地裁は観念的競合説・併合罪説に割…

平成22年中の出会い系サイト等に起因する事犯の検挙状況について

弁護人としても、どうして防犯対策が進まないのかと思います。 大手のゲームサイトは、EMAの認定を受けて、フィルタリングが掛からないようになっていますので、そこで事件が起きている感じです。 認定サイトだ、たかがゲームだということで、親が油断し…

「娘が、知らない男とメールのやりとりをしている」と同署に相談が寄せられ発覚した事例

フィルタリング掛けてもダメなんですよ。 17歳買春容疑 中学講師を逮捕=熊本 2011.02.16 読売 発表によると、容疑者は昨年9、10月、熊本市内のホテルで、2回にわたり、県内の女子高校生(17)に2万〜3万円を渡してみだらな行為をした疑い。 昨年…

ニュースバリュー

徳島の場合は、福祉犯の検挙が珍しいので、一罰百戒というか、威嚇効果というか、一般予防のために、ほとんんど全件報道されているようです。この種の犯罪は、量刑自体は軽いのに、報道等による社会的制裁が厳しいので、弁護士への相談では報道を回避する方…