児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

準強姦既遂事件につき「被害者は深夜長時間にわたり飲酒をつづけ 自ら酩酊状態に陥ったり その過程で被告人を含む男性らと肩を組んだり 背後から抱きつくなどの行動をとるなど 被害者にもやや軽率な面があった」として執行猶予にしたもの(某支部H26)

 裁判所がこういう評価をする以上、弁護人も指摘せざるを得ない。
 確定判決からこういうのを蓄積しておく。