児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

アダルト業界と公衆道徳上有害な業務

 裁判例もありますし、最初から念頭にあった罪名だと思います。

http://digital.asahi.com/articles/ASJ6D351GJ6DUTIL00C.html
アダルトビデオ(AV)に出演させ、公衆道徳上、有害な業務に就かせたとして、警視庁が、AVプロダクション「マークスジャパン」(東京都渋谷区)の50代の社長ら3人を労働者派遣法違反(有害業務就労目的派遣)の疑いで逮捕したことが分かった。
 保安課によると、逮捕されたのは同社の社長のほか、40代の元社長、30代の社員の男。逮捕容疑は2013年9月ごろ、同社に所属する20代の女性をAV制作会社に派遣し、公衆衛生上、有害であるAV出演業務に就かせたというもの。

 女性は09年ごろ、「グラビアモデルの仕事ができる」と説明され、同社に入ったが、AVに出演する契約書に署名させられ、女性が契約の解除を求めたところ、「親に請求書を送る」などと言われ、解除に応じなかった。女性はAVに出演したが、警視庁に昨秋、被害を相談。同庁は今年5月下旬、同社やAVメーカーを家宅捜索し、捜査を進めていた。

 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ(HRN)は今年3月、AV出演をめぐる被害相談が3年ほどの間に72件寄せられたと発表。十分な説明なしにAVに出演する契約を結ばせ、断ろうとすると「違約金」を要求して出演を強要する事例が多いという。また、出演者が著作権などの権利を放棄する内容の契約が大半で、AVを制作するメーカーは自由に二次利用、三次利用ができ、販売が止められない構造になっているという。

       職業安定法違反被告事件
東京地方裁判所平成8年11月26日
判例タイムズ942号261頁
警察公論52巻4号107頁
(犯罪事実)
 被告人は、わいせつビデオ映画の制作販売業を営んでいたものであるが、わいせつビデオ映画制作の際に女優として自慰等の性戯をさせる目的で、平成七年一二月二〇日ころ、東京都渋谷区代々木〈番地略〉○○ビル二階の被告人の事務所において、B子(当時一五歳)と面接し、同女に対し、「セックス場面は撮らないで、入浴シーンやオナニーシーンを中心に撮る。」「出演料はいくら欲しいの。」「顔や人物がわかる部分はあまり撮らないし、入浴シーンなどで変な部分が写ったらボカシを入れる。三万円欲しければ三万円なりの内容でいく。五万円欲しければ五万円の内容でいく。親や友達には絶対分からないようにするから安心しなさい。」などと申し向け、自己の制作するわいせつビデオの女優として稼働することを説得勧誘し、もって、公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で労働者を募集した。
(証拠の標目)〈省略〉
(補足説明)
 被告人は、前示犯罪事実につき、B子と面接した際、同女を全裸にせずに下着を着けさせてビデオを撮影するつもりであったから公衆道徳上有害な業務に就かせる目的はなかったと主張する。右主張は、B子の供述内容に反するばかりでなく、被告人自身がその後に実際にB子を全裸にして撮影していることに照らしても疑わしいところであるが、仮に、当初は被告人が主張するような意図であったとしても、本件のように心身の発達途上にある一五歳の女子中学生が自慰などをし、その場面を撮影させて報酬を得るということは、当該女子の人格や情操に悪影響を与えるとともに、現代社会における善良な風俗を害するものであるから、このような業務が職業安定法六三条二号にいう「公衆道徳上有害な業務」に該当することは明らかである。したがって、いずれにせよ、被告人の主張は理由がない。

       職業安定法違反,公然わいせつ,有印私文書偽造被告事件
京都地方裁判所判決平成26年12月8日
 【罪となるべき事実】
 被告人は,アメリカ合衆国ネバダ州所在の会社「A」が運営する「□□」という配信サイトを利用し,無修正で男女の性交場面や性器の映像を有料配信すれば多額の収入を得ることができると知ったことから,同サイトに事業者としてエージェント登録し,ウェブカメラで露骨に撮影した自己及びその被用者である出演女性の性器や性交場面等の映像を,電気通信回線を通じて無修正で即時配信し,不特定の視聴者らに有料で観覧させ,これによる売上を得ていたものであるが,
第1 平成25年7月9日頃,大阪市北区(以下略)被告人方において,被告人が雑誌に掲載していたチャットレディ募集の広告を見て応募してきたものの,裸になる仕事と聞いて迷っていたB(当時17歳)及びC(当時18歳)に対し,「アダルトで脱いだ方が稼げる。今日試しにやってみる。」旨言うなどして,前記「□□」を利用した配信映像の出演女性として稼働するよう勧誘し,もって公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で,労働者の募集を行った。
第2 平成25年8月20日頃,前記被告人方において,被告人が雑誌に掲載していたチャットレディ募集の広告を見て応募してきたものの,性行為等を配信する仕事と聞いて迷っていたD(当時17歳)に対し,「セックス配信した方がもうかるよ。1日10万とかもっと稼ぐ子もおるよ。」「稼ぎたいんでしょ。やればできるよ。」旨言うなどして前記「□□」を利用した配信映像の出演女性として稼働するよう勧誘し,もって公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で,労働者の募集を行った。
第3 別紙一覧表記載のとおり,前記Bほか9名と各共謀の上,平成25年11月12日から平成26年6月3日までの間,前記被告人方において,ウェブカメラで露骨に撮影した自己及び出演女性である各共犯者の性器や性交場面等の映像を,前記「□□」の映像配信システムを利用して,京都市下京区(以下略)等へ電気通信回線を通じて無修正でそれぞれ即時配信し,不特定の視聴者らに観覧させ,もって公然とわいせつな行為をした。

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律違反被告事件
東京地方裁判所判決平成6年3月7日
判例時報1530号144頁
 (認定事実)
 被告人有限会社甲野(以下、単に「被告人会社」という。)は、東京都新宿区《番地略》ビル一階に事務所を設けて芸能プロダクションを経営するもの、被告人NことAは、被告人会社取締役、被告人WことBは、被告人会社チーフマネージャーであるが、被告人NことA及び被告人BことBは、いずれも被告人会社の業務に関し、
 第一 被告人会社のスカウトマンCことCと共謀の上、平成四年七月三一日ころ、アダルトビデオ映画の製作等を業とする株式会社乙山に対し、同会社がアダルトビデオ映画を製作するに際し、出演女優をして男優を相手に性交及び口淫等の性戯をさせることを知りながら、被告人会社が雇用した労働者であるD子(昭和四八年七月二四日生)をアダルトビデオ映画の女優として派遣し、静岡県富士宮市《番地略》の元丙川酪農組合牧場跡地等において、右株式会社乙山のビデオ映画監督であるEの指揮命令のもとに同会社のために同女をアダルトビデオ映画の女優として稼働させ
 第二 共謀の上、平成五年四月二六日ころ、アダルトビデオ映画の製作等を業とする丁原ビデオ株式会社に対し、同会社がアダルトビデオ映画を製作するに際し、出演女優をして男優を相手に口淫等の性戯をさせることを知りながら、被告人会社が雇用した労働者であるF子(昭和四六年一〇月一三日生)をアダルトビデオ映画の女優として派遣し、東京都世田谷区《番地略》戊田スタジオ等において、右丁原ビデオ株式会社から映画撮影の依頼を受けたビデオ映画監督であるGの指揮命命令のもとに同会社のために同女をアダルトビデオ映画の女優として稼働させ
 第三 共謀の上、同月二八日ころ、アダル訃ビデオ映画の製作等を業とする有限会社甲田商店に対し、同会社がアダルトビデオ映画を製作するに際し、出演女優をして男優を相手に性交及び口淫等の性戯をさせることを知りながら、被告人会社が雇用した労働者であるH子(昭和四八年五月一日生)をアダルトビデオ映画の女優として派遣し、山梨県《番地略》貸スタジオ乙野等において、右有限会社甲田商店から映画撮影の依頼を受けたビデオ映画監督であるIの指揮命令のもとに同会社のために同女をアダルトビデオ映画の女優として稼働させ
 もって、それぞれ、公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で労働者派遣をしたものである。(証拠の標目)《略》(弁護人の主張について)
一 弁護人の主たる主張は、(1)アダルトビデオへの出演行為は「公衆道徳上有害な業務」に該当しない、(2)アダルトビデオ製作のために労働者を派遣する行為を処罰の対象とすることは、憲法二一条に違反する、(3)被告人A及び同Bは、「公衆道徳上有害な業務に就かせる目的」を有していなかった、というものであり、弁護人は、これらのことを理由として、被告人らは無罪である旨主張するので、当裁判所の判断を示す。
二 弁護人は、先ず、派遣労働者らが出演したアダルトビデオは、日本ビデオ倫理協会の審査を経た上、満一八歳未満の者への映示・貸出・販売を禁止するとの制限を付けて、一般の書店においても販売等されるものであり、作品内容においても、鑑賞者が嫌悪感・不快感を抱くものが除外され、また、販売方法等においても、青少年の健全な育成への影響も考慮されているのであるから、このようなアダルトビデオへの出演行為は一公衆道徳上有害な業務」に該当しないと主張する。
1 労働者派遣法は、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等を図ることにより、派遣労働者の雇用の安定その他の福祉の増進に資することを目的とするもので(同法一条)、労働者保護立法としての色彩も有するものである。労働者派遣法五六条の規定は、労働者派遣が労働者供給の一形態であることにかんがみ、職業安定法六三条二号が処罰の対象としている行為のうち、道号所定の有害業務に就かせる目的で労働者派遣をする行為については、労働者派遣法において、同様に禁止し、処罰することとしたものと解される。すなわち、労働者派遣法五八条の規定は、同条所定の有害業務に就かせる目的で労働者派遣をすることを禁止することにより、その業務の存立を困難ならしめるとともに、派遣労働者一般の保護を図ることを目的としたものと解される。労働者派遣法五八条の趣旨・目的が右のとおりであるから、同条にいう「公衆道徳上有害な業務」に該当するかどうかは、派遣労働者の従事する業務内容自体から判断すべきであって、派遣労働者の従事する業務から作り出された結果(本件においては、製作発表されたビデオ映画)によって判断すべきではないことは、いうまでもない。このことは、例えば、女子労働者の深夜労働禁止の規定に違反して女子労働者を使用した場合に、それにより社会的に何ら問題のない有用な製品が作られたとしても、そのことによって使用者について女子労働者深夜労働禁止違反の罪の成立が阻却されるものでないことを考えれば、明らかである。
 したがって、製作発表されたビデオテープ自体から公衆道徳上の有害性があるか否かを判断すべきであるとの弁護人の主張は、到底採用することができない。
2そこで、次に、本件における派遣労働者の従事する業務内容についてみると、派遣労働者である女優は、アダルトビデオ映画の出演女優として、あてがわれた男優を相手に、被写体として性交あるいは口淫等の性戯の場面を露骨に演じ、その場面が撮影されるのを業務内容とするものである。右のような業務は、社会共同生活において守られるべき性道徳を著しく害するものというべきであり、ひいては、派遣労働者一般の福祉を害することになるから、右業務が、「公衆道徳上有害な業務」にあたることに疑いの余地はない。そして、労働者派遣法五八条の規定は、前述のように、労働者一般を保護することを目的とするものであるから、右業務に就くことについて個々の派遣労働者の希望ないし承諾があったとしても、犯罪の成否に何ら影響がないというべきである。
 弁護人は、性交ないし性戯自体は人間の根源的な欲求に根ざすものであるから「有害」でないと主張するけれども、性交あるいは口淫等の性戯を、派遣労働者がその業務の内容として、男優相手に被写体として 、行う場合と、愛し合う者同士が人目のないところで行う場合とを同一に論じることができないことは、明らかであり、この点の弁護人の主張もまた採用することができない。
三 さらに、弁護人は、アダルトビデオ製作のために労働者を派遣する行為を処罰の対象とすることは、憲法二一条に違反する旨主張する。
 被告人人は、当公判廷において、アダルトビデオ映画に女優を派遣することによりアダルトビデオ映画という表現活動に参加するという意識はなかった旨供述しているところであり、憲法二一条違反の主張邊なし得る主張適格があるかどうか自体が疑問であるが、労働者派遣法五八条の規定は、前記のとおり、有害業務への労働者派遣を禁止することにより、その業務の存立を困難ならしめ、派遣労働者一般の保護を図ることを目的としたものであって、派遣労働者一般を保護するために必要な、合理的、且つやむを得ない規制であると認められるから、このことによって、表現活動に制約が加わったとしても、それはまさしく公共の福祉による制約であって、憲法二一条に違反するものではない。
 弁護人のこの点に関する主張も理由がない。
 四 弁護人は、被告人人及び同Bは、派遣労働者がアダルトビデオに出演し、性交あるいは性交類似行為を行うことは認識していたが、右業務が有害であるとの認識はなく、また「公衆道徳上有害な業務に就かせる目的」も欠いていた旨を主張する。しかしながら、関係各証拠によれば、被告人A及び同Bは、各労働者を派遣するに当たり、判示のとおり、派遣を受けた会社がアダルトビデオ映画を製作するに際し、派遣労働者である女優をして男優を相手に性交ないし口淫等の性戯をさせることを知りながら、その演技をさせるために労働者を派遣していたと認められるから、被告人A及び同Bに公衆道徳上有害な業務に就かせる目的があったと認めるに十分である。弁護人の主張は、結局被告人A及び同Bは法律上の意味を理解していなかったというにすぎず、この点に関する弁護人の主張も理由がない。