児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

刑法学会レジュメ

 5/27には
   豊田兼彦会員(近畿大学
  「共犯の処罰根拠と客観的帰属」
   −「中立的行為による幇助」と「必要的共犯」を素材として
というのもありますよん。
 winnyなんでしょうね。
掲示板管理者は正犯だということになったので関係ない。