児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

実刑被告人には迷わず・悔いなく服役してもらう

 実刑事案の場合の弁護方針です。
 最近一審実刑事案の相談が多いのですが、法令適用(罪数処理など)が違うんじゃないかとか、量刑相場に比べて重いんじゃないか、などという疑念があると、気持ちの整理がつかなくて、刑の執行に専念できないんじゃないかと思うので、いろいろトピックな主張を盛り込むんですよ。
 一般的な情状弁護(示談・謝罪)も当然やります。やったら軽くなるけど、やったら実刑免れるという保障もないんですが、やらないと悔いが残るから。