児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2014-11-18から1日間の記事一覧

拡散にも罰則 リベンジポルノ取り締まり強化法案が衆院通過

私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律 http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20141110 と言いますが、取材を受けましたので、 処罰範囲としては従前の名誉毀損罪・わいせつ図画等と変わりなく、アナウンス効果的な効果しか見込めない プライ…

強姦・強制わいせつで懲役12年となった事件について、被害女性と目撃者が虚偽の証言をしていたことを認めた。新たな証言を裏付ける客観証拠も判明、地検は被害自体がなかったと判断し釈放された事例

奥村はビデオがある事件ばっかりやってるんであまり出会わないですが、1対1の事件ではこういうことがあります。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00000089-jij-soci 大阪地検は18日、強姦(ごうかん)罪と強制わいせつ罪で懲役12年が確定し、…

用便中の女性を撮影する行為の刑責

トイレの鍵に細工をして、用便中に開けて凝視するという態様では、強制わいせつ罪になるという裁判例があります。福井地裁H23.2.16は準強制わいせつ罪説。 http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20100208#1265619470 松下裕子「実務刑事判例評釈101 被害者の…

佐久間修「不作為の幇助と中立的行為」警察学論集第67巻第11号

佐久間修「不作為の幇助と中立的行為」警察学論集第67巻第11号かようにして、因果論的見地からは、中立的行為の処罰範囲を明らかにできないため、犯人の主観面から絞り込もうとする見解がある。例えば、犯人に確定的故意がある場合に限るなど、故意の認定を…

Skypeで脅迫して裸体画像を送信させたという強要事件

刑法の教科書的に言えば、強制わいせつ罪(親告罪)が成立して強要罪(非親告罪)は成立しないのですが、非親告罪で告訴取らずに軽く処罰しようというのです。被害者はそれでいいんでしょうかね。 感覚ですが、強要罪の1/3くらいは性的行為を強要するもの…

2014年11月18日のツイート

@okumuraosaka: 被告事件の判決行ってないので分からないや。送達されしだい報告ということでいいや2014-11-18 23:55:55 via TweetDeck @okumuraosaka: 16歳モデル堀鈴香が妊娠を発表(日刊スポーツ) - goo ニュース URL2014-11-18 22:11:13 via Twitter for …