児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

女子高生「7、8人と援交」買春で会社員逮捕

 出会い系からモデル掲示板に移っている感じですね。
 児童側・被疑者側に延焼危険がありますので、間に合うかどうかはわかりませんが、心当たりの方は最寄りの弁護士に相談して下さい。
  教員は5/16の事件で6/15逮捕(板橋警察)
  今回は4/29の事件で10/12逮捕(万世橋警察)
というペースです。

http://www.sanspo.com/shakai/news/101014/sha1010140502001-n2.htm
この女子生徒をめぐっては、6月15日にも、やはり児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、東京都八王子市上野町の都立高校教諭(47)が逮捕されている。
 また、今年4月にインターネットの掲示板でモデル募集を装い、応募した女子中学生にわいせつな行為をして、警視庁に逮捕された埼玉県久喜市の会社員(43)の自宅のパソコンにも、女子生徒の映像があった。
 6月に逮捕された高校教諭と久喜市の会社員が知り合いで、教諭が女子生徒の裸の写真を会社員に送り、保存していたことからコトが発覚した。
 警察が女子生徒に事情を聴いたところ、次々と関係をもった男のことを供述したため、芋づる式の逮捕となった。ちなみに女子生徒はモデル志望で、スタイルは1メートル62、41キロ、B78W58H80センチ。本人曰く「スタイルには自信がある」と話している。警察では女子生徒の売春行為なども視野に、「今後調べていく」(捜査関係者)という。
 当初、女子生徒は容疑者を芸能関係者と思いこんで会ったが、違うと分かった後も現金がもらえたために会い続けたという。女子生徒は「ほかにも7、8人と同様のことをした」と話しており、かなりの“続報”がありそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20101013-00000033-jnn-soci
容疑者の自宅からは他にも別の女性の裸を写したおよそ300枚の写真も押収されていて警視庁で余罪を追及しています。調べに対し、容疑者は「後でゆっくり楽しむ為に撮影した」と容疑を認めているということです。(13日11:36)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101013-00000549-san-soci
逮捕容疑は4月29日午後、豊島区北大塚のホテルで、当時17歳だった都内の私立高3年の女子生徒(18)に現金2万円を手渡してわいせつな行為をし、その様子をデジタルカメラで撮影して画像数枚を自分のパソコンに保存したとしている。

 同課によると、女子生徒はタレント志望だったといい、当初は容疑者を芸能関係者と思いこんで会ったが、違うと分かった後も現金がもらえたために会い続けたという。女子生徒は「ほかにも7、8人と同様のことをした」と話しており、同課は捜査を進めている。