児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

強制わいせつ致傷容疑の男起訴猶予

 2週間の打撲ねんざ。
 こんなの以前なら報道されなかったですよね。
 裁判員対象事件だから。

2009.08.22 中日新聞
 【滋賀県守山市のマンション駐車場で今年四月、帰宅途中だった同市の美容師女性(20)を押し倒すなどの暴行を加え、わいせつな行為をしたとして、強制わいせつ致傷の疑いで逮捕された守山市の会社役員男(61)について、大津地検は二十一日、示談が成立したとして起訴猶予とした。