児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2018-01-27から1日間の記事一覧

「被告人は,A(当時25歳。以下「A」という。)に強いてわいせつな行為をしようと考え,平成28年12月15日午前3時40分頃,宇都宮市〈以下省略〉aビル南側歩道上において,同人に対し,いきなり正面から抱き付いた上,同人の左腕を右手で引っ張って前記aビル西側路上に連れて行き,同所において,その背後から同人の口を手で塞ぎ,同人の右乳房を着衣の上からもみ,もって強いてわいせつな行為をしたものである。」という強制わいせつ被告事件で無罪とした事例(宇都宮地裁h29.10.18)

「被告人は,A(当時25歳。以下「A」という。)に強いてわいせつな行為をしようと考え,平成28年12月15日午前3時40分頃,宇都宮市〈以下省略〉aビル南側歩道上において,同人に対し,いきなり正面から抱き付いた上,同人の左腕を右手で引っ張…