児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2013-07-25から1日間の記事一覧

アートメイクの医師法違反事件

http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20101002#1285993280 で解説済 医師法 (昭和二十三年七月三十日法律第二百一号) 第十七条 医師でなければ、医業をなしてはならない。 第三十一条 次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役若しくは百万円以下…

新聞記事検索における「奥村徹弁護士」

起承転々‥ 盗撮行為、立件に壁 2013.02.18 佐賀新聞 21頁 社会 (全1,300字)時流・底流:「児童ポルノ許さぬ」明記を 2013.01.19 毎日新聞東京朝刊 20頁 総合面 (全948字)(ニュースQ3)児童ポルノとグラビア演出、境目は? 2013.01.18 朝日新聞 東京朝…

Wikipediaから削除されつつある「奥村徹」

掲載されているメリットもなく、内容も間違っているので、できるだけ早く削除されることを希望しています。 単独著作については、立場が固定されてしまい発言しにくくなるので、予定はありません。 http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%89%8A%E9%99%…