児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-12-07から1日間の記事一覧

「(児童ポルノの単純複製が最近処罰されるようになったから)10年前の複写は、犯罪ではない」とか「単純所持罪は起訴されにくい」とかいう弁護士の回答

弁護士ドットコムでランクを上げるには、知らない分野にも、安く、正確でなくても、迅速に、数多く回答することが肝心ですから、その程度のサービスとして利用してください。 わかんないときは「罪にならない」「検挙されない」という結論にしておいた方が、…