児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-04-24から1日間の記事一覧

男子児童に対する性交類似行為・名誉毀損の慰謝料として290万円が認容された事例(東京地裁H27.10.15)

東京地裁平成27年10月15日 損害賠償請求事件 同訴訟代理人弁護士 郄橋哲哉 主文 1 被告は,原告に対し,190万円及びこれに対する平成27年6月13日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。 2 原告のその余の請求を棄却する。 3 訴訟費用…

強姦慰謝料として300万円を認容した事例(東京地裁H28.10.17)

侵入強姦なので転居費用が認められています。 東京地裁平成28年10月17日 損害賠償請求事件 原告 同訴訟代理人弁護士 柴粼拓己 主文 1 被告は,原告に対し,369万9898円及びこれに対する平成27年7月13日から支払済みまで年5分の割合による金員…

2017年04月24日のツイート

@okumuraosaka: 大阪オフィスを6月上旬に開設 アンダーソン・毛利・友常 :日本経済新聞 URL2017-04-24 22:38:24 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 捜査関係事項照会(刑事訴訟法):捜査機関が捜査に必要な情報の提供を事業者等に求める行為1719件の…