児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-02-10から1日間の記事一覧

街路又は公園その他公衆の集合する場所での大小便(大阪高裁H29.2.7)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000535-san-soci 現場の駐輪場が、同罪で規定する「街路または公園その他の公衆の集合する場所」に当たるかどうかが争点だった。駐輪場は自転車15台ほどを止められるスペースがあり、検察側は「公園その他の…

2017年02月10日のツイート

@okumuraosaka: RT @livedoornews: 【東京都】中高生の裸の「自画撮り」要求に対する規制を検討、実現すれば全国初URL画像を求めた段階で取り締まり可能な規制を検討。被害者の多くは脅迫が続いた後で警察に助けを求めるという。2017-02-10 23:10:17 via Twe…