児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-12-22から1日間の記事一覧

福島県立高校の教員であった被控訴人が,県立高校に勤務していた昭和61年11月頃から平成元年3月までの間,顧問をしていた部活動に所属していた女子生徒と部活動終了後に頻繁にみだらな行為を行ったことを理由として,福島県教育委員会が行った懲戒免職処分(以下「本件懲戒免職処分」という。)及び一般の退職手当等の全部を支給しない旨の退職手当支給制限処分(以下「本件退職手当支給制限処分」という。)は,いずれも裁量権を逸脱するものであって違法であると主張して,福島県教育委員会が所属する地方公共団体である控訴人に対し,その取

保護者に発覚したら依願退職しておくことですね 平成28年11月30日判決言渡同日原本領収裁判所書記官. 号懲戒処分取消等請求事件(原審. 福島地方裁判所) 口頭弁論終結日平成28年9月26日 判決 控訴人福島県 主文 1 原判決を取り消す。 2 被控訴人の請求をい…

2016年12月22日のツイート

@okumuraosaka: 、中学生の事件について同罪で起訴した。高校生の事件は不起訴処分児童買春で総社署員を懲戒免職 県警、高校生でも容疑: 山陽新聞デジタル|さんデジ URL2016-12-22 23:51:07 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 20両編成「トヨタ専用列…