児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-10-30から1日間の記事一覧

強制わいせつ罪(176条後段)と製造事案 示談で起訴猶予

2016年10月30日のツイート

@okumuraosaka: 従来の援交と違って性行為を伴わないため、買春などの容疑で男性側を取り締まれないなど限界があるというネットの「デート援交」が急増 「性行為なし」でアルバイト感覚 福岡県警「サイバー補導」強化 URL #西日本新聞2016-10-30 23:07:15 vi…