児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2015-08-16から1日間の記事一覧

強姦既遂2+強制わいせつ既遂2の量刑につき「予想される懲役は4〜6年といったところでしょう」という弁護士の回答

その前の質問で、「強姦既遂1+強制わいせつ既遂2」の量刑をきいている人で、 http://www.bengo4.com/c_1009/c_1407/b_374793/ 罪名と件数だけで抽象化して 強姦既遂1 強制わいせつ既遂2 で裁判例を捜すと、懲役5年6月〜6年の事案がヒットします。 「…

2015年08月16日のツイート

@okumuraosaka: 【新会館落成記念】カープローヤーグッズ販売カープローヤーグッズ発売!いよいよ本日(8月3日)からカープローヤーグッズの販売を開始します。当面は、広島弁護士会館での対面販売に限定させていただきます。URL2015-08-16 22:24:22 via T…