児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2015-05-18から1日間の記事一覧

被害児童が恐喝容疑で逮捕されて、詐欺被害者が児童買春・児童ポルノ容疑で逮捕された事案

こつこつ援助交際するより、美人局とか詐欺とかでまとまったお金を取る方が効率がいいという話を聞いたことがあります。 福祉犯罪というのは、被害児童が警察に接触すると発覚するわけです。詐欺・恐喝の被害にあったら、どこかで発覚して、自分の責任も問わ…

2015年05月18日のツイート

@okumuraosaka: 民間人校長を公募、大阪府教委…5/29に説明会 URL @ReseMomさんから2015-05-18 22:20:02 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 「会社の一存で恣意(しい)的に決められることも考えられ、確実な返金を意味する『保証』とは矛盾する」<ライ…