児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2015-04-29から1日間の記事一覧

警察でのセクハラ強制わいせつ事案で懲役2年の実刑としたもの(和歌山地裁H27.1.26)

自白事件で、示談未了ということです。 この程度の事件は、普通は、執行猶予になる方が多いと思います。 和歌山地方裁判所平成27年1月26日刑事部判決 判 決 無職(元地方公務員) a 昭和53年○月○○日生 上記の者に対する強制わいせつ被告事件について…

2015年04月29日のツイート

@okumuraosaka: 鵡川?様似間が不通 日高本線復旧へ2プラン 工費削減の徐行運転案も | 乗りものニュース URL2015-04-29 21:09:06 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 【奥村徹弁護士の回答】 有罪の場合は、50万円程度の罰金刑の略式命令だと考えて下さ…