児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2013-04-29から1日間の記事一覧

○○県警で、児童ポルノ・児童買春で自首したら起訴猶予になりますか?

4月以降、児童ポルノ製造や児童買春罪で、大阪府とか兵庫県とか群馬県とか茨城県とか宮崎県とか鳥取県で自首したら、逮捕されますか? 起訴されますか?という質問が多い。 地域差はありません。逮捕については刑事訴訟法の逮捕要件の問題ですし、起訴につ…