児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2011-05-16から1日間の記事一覧

小学校長、教室で女児のスカート内盗撮 京都府綾部市

被害者は強制わいせつ罪(176条後段)で告訴を検討すべきです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110515-00000533-san-soci 小学校長、教室で女児のスカート内盗撮 京都府綾部市 市教委によると、校長は今月11日、教室で下校準備をしていた女児のスカ…

盗撮:男児の裸動画撮影した疑い、30歳会社員を逮捕 /埼玉

こういうのは、迷惑条例と強制わいせつ罪(176条後段)が両方成立することになって、両者の関係が問題になります。 被害者は強制わいせつ罪(176条後段)の被害を受けているのだから、遅滞なく強制わいせつ罪(176条後段)の告訴をすべきです。 犯人側とすれ…