児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-05-01から1日間の記事一覧

[取扱事件から]買春後あとから児童だと判明した事件で起訴猶予。

児童とは知らなかったと弁解し続けました。 逮捕なし。示談なし。

施設内男児による女児に対するわいせつ行為8回で180万円が認容された事例(訴額は660万円)(津地裁H29.4.27)

判決書は三重県への文書開示で入手可能と思われます。 判決もらってきました 男子生徒本人の責任は、責任無能力で否定しています。 男子生徒の保護者の責任は欠席裁判で、慰謝料160万円(20万×8回)+弁護士費用20万円が認容されています。 被害者の保護者固…

2017年05月01日のツイート

@okumuraosaka: 小向美奈子 久々公の場、顔も体もふっくら ストリップ“恩人”の通夜で(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース URL @YahooNewsTopics2017-05-01 21:38:04 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 不動産専門紙 『週刊住宅』のほか、『うかるぞ…