児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-03-30から1日間の記事一覧

略式記録逓付票からの記録特定↑→

あまりやりませんけども、罪名別で略式命令書を捜す方法としては、公文書開示請求で、略式記録逓付票の特定の罪名の記載を1年分開示してもらって、「その行の事件の記録」という特定方法で、刑事確定訴訟記録法で閲覧するという方法もあります。 ほとんど黒…

逮捕されたものの、青少年との真剣交際を主張して、青少年条例違反は起訴猶予、製造罪は罰金となった事例

通常は懲役1年執行猶予程度。 警察・検察・被告人・弁護人の利害を調整したような処分。 淫行はしてもいいけど撮影は犯罪という変な結果。

2016年03月30日のツイート

@okumuraosaka: 三船さんは14歳の中学生で、高橋さんは38歳だった「女子中学生とアラフォーの恋」 三船&高橋離婚で「当時の年齢」が再び話題に URL @jcast_newsさんから2016-03-30 21:05:38 via Twitter Web Client @okumuraosaka: RT @Asahi_Shakai: 皇居…