児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2007-08-31から1日間の記事一覧

「10年間の感想と近況を述べよ」と言われても。

司法研修所の同窓会を欠席するので、幹事さんから求められて起案しました。 判例と文献で検索すると、まるで、児童ポルノ・児童買春・児童福祉法専門みたいですね。国会図書館では不正アクセス罪の罪数の論文がヒットしません。 最近のテーマは、「児童福祉…

9/3は休みます≦(._.)≧

事務所はやっていますが、弁護士は休みです。 涼しいところへ移動して電話・メールの対応くらいです。 本当は、昨日・今日が夏休みでしたが、どっぷり警察署に居ました。

自首するという方へ

自首は珍しいということで、先日、警察で 刑事 それで、弁護士に勧められて、自首したわけか?それでなきゃ自首しないものな。 被疑者 弁護士からは勧められていません。 弁護士 弁護士は勧めませんよ。この種の事案は時効まで発覚しない可能性もあるので、…