児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

略式記録逓付票からの記録特定↑→

 あまりやりませんけども、罪名別で略式命令書を捜す方法としては、公文書開示請求で、略式記録逓付票の特定の罪名の記載を1年分開示してもらって、「その行の事件の記録」という特定方法で、刑事確定訴訟記録法で閲覧するという方法もあります。
 ほとんど黒塗りになります。
 記録係では「先生、それは強引でっせ」と言われますが、検察庁にある「略式記録逓付票」には、事件番号とか被告人氏名が記載されていますので、閲覧請求者には見えなくても、事件特定は完璧です。