児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

ひそかに製造罪の施行状況

 兵庫県警って、7/15施行の改正法で、7/19の盗撮を逮捕しています。滋賀県警も7/24の盗撮を逮捕しています。
 単純所持罪についても、これくらいのスピードで検挙されるものと思われます。



1 兵庫県警の事例
  7/15 改正児童ポルノ法(ひそかに製造罪)施行 
  7/19 盗撮
  7/21 盗撮
  7/28 7/27の迷惑条例で逮捕
  8/14 7/19・21のひそかに製造罪で再逮捕

◎銭湯で女児盗撮の男逮捕=改正児童ポルノ法初適用−兵庫県
2014.08.14 時事通信
 兵庫県警少年育成課と尼崎東署は14日、同県尼崎市の銭湯で入浴中の女児を盗撮し、児童ポルノを製造したとして、児童ポルノ禁止法違反容疑で、容疑者を逮捕した。7月に改正された同法を適用して、盗撮による児童ポルノ製造を立件するのは全国で初めて。同容疑者は「間違いありません」と認めているという。
 調べによると、容疑者は7月19、21日に同市の銭湯で、入浴中の女児が18歳に満たない児童と知りながら、腕時計型ビデオカメラで動画撮影し、児童ポルノを製造した疑い。 
 同月27日に同じ銭湯で不審な動作をしている容疑者を従業員らが見とがめ、持っていた腕時計型カメラに盗撮画像があったため、同署が28日に県迷惑防止条例違反で逮捕。家宅捜索で自宅のパソコンなどから、女児の写った盗撮ビデオを押収した。同容疑者は、男湯に父親と一緒に入る女児を狙って撮影していたという。


2 静岡県
  7/15 改正法施行
  8/15 盗撮(迷惑条例)
  8/27 ひそかに製造罪で追送検

 混浴露天風呂で女児盗撮の疑い 名古屋の男追送検
2014.08.27 中日新聞
 露天風呂で女児を盗撮したとして、静岡県警少年課などは二十七日、児童買春・ポルノ禁止法違反(盗撮による児童ポルノ製造)の疑いで、容疑者=静岡県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で逮捕=を追送検した。盗撮による児童ポルノ製造は、七月施行の改正法で新設された。
 追送検容疑は今月十五日午前、同県東伊豆町日帰り温泉で、入浴している十歳未満の女児をデジタルカメラで盗撮したとされる。
 署によると、温泉は混浴の露天風呂。容疑者は容疑を認めている。

3 滋賀県警
  7/15 施行
  7/24 盗撮
  8/27 ひそかに製造罪で逮捕

 大津署が容疑男逮捕 盗撮による児童ポルノ作成 県内で初の適用
2014.08.28 中日新聞
 【滋賀県】大津署は二十七日、児童買春・ポルノ禁止法違反(盗撮による児童ポルノ製造)の疑いで、容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑では、七月二十四日、パートとして勤めていた市内ホテルで、女性用浴場の脱衣所にU字型フックの形をした小型カメラを設置し、合宿で来ていた女子高校生五人の動画を撮影したとされる。容疑を認めている。

 翌日、女子生徒が前日にあったフックがなくなっていることを不審に思い、同宿の教諭に相談。ホテル従業員が防犯カメラを調べたところ男が映っており、警察に相談していた。
 七月施行の改正法で盗撮による児童ポルノ作成を処罰する規定が盛り込まれ、摘発は県内初。

4 神奈川県警
  7/15施行
  7/下旬 盗撮
  8/18 7/下旬の盗撮+盗撮(現行犯)

女児盗撮し保存、容疑者を書類送検 「製造」県内初の適用 /神奈川県 
2014.08.29 朝日新聞
 女児の裸を盗撮して保存したとして、県警少年捜査課などは28日、小田原市の無職少年(19)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(盗撮による児童ポルノ製造)容疑で書類送検したと発表した。7月に同法改正法が施行されてから、「盗撮による製造」が適用されるのは県内初という。

 同課によると、少年は7月下旬ごろと8月18日昼、小田原市内の公園で、水遊びして着替える複数の女児の裸をスマートフォンで撮影し、画像計16枚や動画1本をUSBメモリーなどに保存した疑いがある。容疑を認めているという。

 18日、少年の行動を不審に思った主婦が通報。駆けつけた警察官が少年に職務質問をしたところ、盗撮を認めたという。

5 大阪府警
  7/15 施行
  8/7 盗撮
  8/29 ひそかに製造で送検

男児の裸盗撮容疑で小学校講師を書類送検
2014.08.30 産経新聞
 10代前半の男児の裸を盗撮したとして、浪速署は29日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(盗撮による児童ポルノ製造)容疑で、岬町立淡輪小学校の講師の男(23)=阪南市=を書類送検した。容疑を認めているという。
 書類送検容疑は8月7日午後4時50分ごろ、大阪市浪速区内の娯楽施設の更衣室で、着替えていた男児の裸をスマートフォンで盗撮したとしている。