児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

過失の児童買春行為で懲戒免職

 結果は児童買春3罪ですからね。
 年齢不知で不起訴の事例が増えると、知情推定規定が入りますよ。

教職員7人を懲戒処分 少女買春、着服未報告など 道教委=北海道
2007.12.27 読売新聞社
 道教委は26日、出会い系サイトで知り合った中学3年の女子生徒3人に金を渡し、みだらな行為をした道教委給与課の男性主任(35)を懲戒免職にするなど計7人を懲戒処分にした。
 男性主任は道警の捜査の結果、相手が18歳未満と知らずに行為に及んでいたと判断され、刑罰に問われなかったが、道教委は「公務員が買春行為をし、相手が少女だったことは事実」として異例の懲戒免職に踏み切った。
読売新聞社