児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-04-30から1日間の記事一覧

10年以上前の教え子の少女にみだらな行為で懲戒免職(愛知県)

懲戒に消滅時効がないので、頃合いをみて一旦依願退職するしかないですよ。 奥村の相談者で、民事・刑事の責任を円満処理しても後日密告されて懲戒というのが怖いので、3人くらい依願退職して、再就職しています。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170…

2017年04月30日のツイート

@okumuraosaka: 「地毛証明書」、都立高の6割で 幼児期の写真を要求も:朝日新聞デジタル URL2017-04-30 22:01:24 via Twitter Web Client @okumuraosaka: ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか――ネットの損害賠償等請求の経験から(千田有紀) - Y!ニ…