児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2018-06-10から1日間の記事一覧

「著作権法119条1項においては,侵害の対象となる権利が著作権,出版権又は著作隣接権と明示されているほか,それぞれの権利の内容や消滅,制限等に加え,権利侵害についても同法に定められており,これらをみれば,同条項にいう著作権等を侵害し,又は侵害するとみなされる行為は無限定なものではなく,それらの行為は日常用語として合理的に解釈できる。そうすると,同法119条1項は,同項に定める侵害行為が限定されていないことや明確性を欠くことから憲法21条や31条に反するということはできず,合憲限定解釈されるべきであるとも,

「著作権法119条1項においては,侵害の対象となる権利が著作権,出版権又は著作隣接権と明示されているほか,それぞれの権利の内容や消滅,制限等に加え,権利侵害についても同法に定められており,これらをみれば,同条項にいう著作権等を侵害し,又は侵害…